ジェネリック医薬品について|更年期障害の症状にはリノラルが有効!購入は通販が便利でおすすめ!

更年期障害の症状にはリノラルが有効!購入は通販が便利でおすすめ!

オレンジ色の錠剤

ジェネリック医薬品について

近年ジェネリック医薬品という言葉をよく聞くようになりました。「○○のジェネリック医薬品です」という文言がありますが、これってどういうことなのでしょうか?

これは○○というもとになっているお薬の後発医薬品として出されたお薬だということなんです。後発医薬品とは文字通り後から作られたお薬のことで、もとになるお薬を作った製薬会社以外の製薬会社が作ること。
この際には、本来の効能はそのままに味や形といった部分を変化させて発売することが出来ます。もとのお薬が苦かったならその苦味を無くしたり、もとが大きくて飲み込み辛いなどがあったなら、飲み込みやすい大きさにすることが出来るのです。
なによりもとのお薬が作られた後から製薬するので、その作り方はもとのそれに則っておけばいいのでその分製薬時間や費用が削減出来ます。
新薬が10年以上かかるのに対し、後発医薬品では4~5年で済むというところからも、その違いがわかります。

こうすることにより、同等の効能でありながら半額ほどに価格を落とし販売が出来る、それがジェネリック医薬品なのです。
こう聞くと後から作った者の方がお得なのではないかと思ってしまいますが、ジェネリック医薬品は価格を下げるために効能以外の部分の材質を落としているので、もとのお薬に比べてお薬が割れやすかったりしています。
劣化という意味ではないものの、それでもブランドにこだわる人には気になってしまうかもしれませんね。