リノラルの服用方法|更年期障害の症状にはリノラルが有効!購入は通販が便利でおすすめ!

更年期障害の症状にはリノラルが有効!購入は通販が便利でおすすめ!

ピンクの錠剤

リノラルの服用方法

個人輸入代行サービスという手段がわかったところで、リノラルの服用方法などについても説明しておきましょう。
更年期障害の症状には1日0.01から0.05mgを3週間服用します。その後は1週間休薬します。前立腺癌治療の場合では、1日に0.15から1.5mgを服用します。
このように目的に合わせて服用量が変わって来るので注意しましょう。

副作用としては悪心や嘔吐といったもののほか、食欲不振や倦怠感、腹痛に頭痛といったのがありますが、とくに気を付けたいのは嘔吐かもしれません。
というのは、嘔吐してしまうことでお薬が吸収されないままに出してしまって、効果が得られないこともあるからです。
副作用が気になる場合は、はじめのうちは1回1錠をはぬるま湯で服用してみるといいかもしれません。

また妊娠中や、乳がんに子宮がんといった病気を患っている方、肝疾患や血栓性の疾患の方が使用されているお薬の中には併用するのに注意が必要な場合もあります。
合わせて使用する際には意思と相談するようにしましょう。
特に抗うつ剤やHIV感染治療は併用禁忌薬となっています。これらのお薬を使用されている方は、服用は出来ません。使用を望む場合は独断せず、医師に相談するようにしましょう。